大学の誕生  上 (帝国大学の時代)

天野郁夫 著

日本の大学はどのような経過をたどって生まれたのだろうか。本書は、その黎明期のダイナミックな展開を二巻にわたって、つぶさに描くものである。上巻では、明治一〇年の「東京大学」の設立と一九年の帝国大学誕生の成立から説き起こす。その後、帝国大学が自己変革していくさまと、帝国大学に対するかのように生まれる官立・私立の専門学校の隆盛へと物語は進んでゆく。人と組織が織りなす、手に汗握るドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 帝国の大学
  • 第1章 帝国大学以前
  • 第2章 帝国大学の発足
  • 第3章 帝国大学の整備
  • 第4章 専門学校群像
  • 第5章 「私立大学」の登場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学の誕生
著作者等 天野 郁夫
書名ヨミ ダイガク ノ タンジョウ
書名別名 帝国大学の時代

Daigaku no tanjo
シリーズ名 中公新書 2004
巻冊次 上 (帝国大学の時代)
出版元 中央公論新社
刊行年月 2009.5
ページ数 391p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102004-8
NCID BA9002400X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21614564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想