不平等社会日本 : さよなら総中流

佐藤俊樹 著

実績主義や自由競争の市場社会への転換が声高に叫ばれている。だがその「実績」は本当に本人の力によるものか。筆者は社会調査の解析から、専門職や企業の管理職につく知識エリートたちの階層相続が戦前以上に強まっていることを指摘。この「階級社会」化こそが企業や学校の現場から責任感を失わせ、無力感を生んだ現在の閉塞のゆえんとする。一億総中流の果てに日本が至った「階級社会」の実態を明かし、真の機会平等への途を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『お嬢さま』を探せ!
  • 第1章 平等のなかの疑惑-実績VS努力
  • 第2章 知識エリートは再生産される-階層社会の実態
  • 第3章 選抜社会の空洞化-粘土の足の巨人
  • 第4章 「総中流」の落日-自壊するシステム
  • 第5章 機会の平等社会への途-効率と公平
  • 終章 やや長いあとがき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不平等社会日本 : さよなら総中流
著作者等 佐藤 俊樹
書名ヨミ フビョウドウ シャカイ ニホン : サヨナラ ソウチュウリュウ
書名別名 Fubyodo shakai nihon
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.6
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4121015371
NCID BA47110141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20091026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想