カンの構造 : 発想をうながすもの

中山正和 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I 情報の質と量 / p2
  • 感知されないものは情報にはなりえない
  • 仕事をするということ
  • 脳と電子計算機
  • 電子計算機の限界
  • コンピュートピア
  • II 記憶の構造 / p35
  • 思いだせる記憶
  • 思いだせない記憶
  • 脳の信号系モデル
  • 三つの記憶系
  • カンのもと
  • III カンを育てる / p69
  • 技法的なもの
  • KJ法
  • KJ法の意味
  • 類比の技法
  • シネクティクス
  • シネクティクスの理解
  • NM法
  • NM法の事例
  • IV 日本人のカン / p130
  • 生まれつきのこと
  • 師匠と弟子
  • V 企業のカン / p147
  • 経営者のカン
  • 技術者のカン
  • 企業のカン
  • 企業の制御系
  • 成功の経験
  • お客をつかむ
  • あとがき--未来を予測する / p184
  • 参考文献 / p191

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 カンの構造 : 発想をうながすもの
著作者等 中山 正和
書名ヨミ カン ノ コウゾウ : ハッソウ オ ウナガス モノ
書名別名 Kan no kozo
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1968
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4121001745
NCID BN03297353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68009817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想