勝海舟

松浦玲 著

維新前夜の群像 第3;参考文献: 188-190p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • はじめに / p2
  • I 修業時代 / p10
  • 生いたち
  • 剣と禅
  • 蘭学への道
  • II 海舟の登場 / p32
  • 待機
  • ペリー来航と幕府
  • 幕臣海舟の初仕事
  • III 長崎伝習と咸臨丸渡洋 / p48
  • 長崎へ
  • 航海術免許
  • 咸臨丸を指揮して
  • アメリカ社会の発見
  • IV 国内一致への模索 / p78
  • 勅使下向と幕閣改造
  • 横井小楠と海舟
  • 海舟と坂本竜馬
  • 尊攘の嵐のなかで
  • 成功と蹉跌
  • 参与会議への期待
  • 幕府をみはなす
  • V みずから倒れ、みずから削り / p134
  • 長州征伐と薩長同盟
  • 薩摩との取引
  • 宮島の会談
  • 「一新」の狙いと慶喜の裏切り
  • VI 最後の仕事 / p152
  • 王政復古クーデタと海舟
  • 薩長の「私」と徳川の「公」
  • 恭順論を貫く
  • 山岡鉄舟の役割
  • 両雄会見
  • 江戸開城と上野戦争
  • むすび / p185
  • 参考文献 / p188
  • 年表 / p191

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 勝海舟
著作者等 松浦 玲
書名ヨミ カツ カイシュウ
書名別名 維新前夜の群像 第3

Katsu kaishu
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1968
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4121001583
NCID BN01939620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68010890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想