流転の子 : 最後の皇女・愛新覚羅コ生

本岡典子 著

父は満州国皇帝・溥儀の実弟、母は日本の候爵家令嬢。敗戦後、わずか5歳で動乱の大陸をさすらい、命からがら引き揚げてくるも-歴史的一族に生を享け、激動の日中間を生きた女性の半生を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幻影(満州国瓦解-一九四五年
  • 父と母の物語-一九三一〜三九年 ほか)
  • 第2章 流転の子(旅の始まり-一九四五〜四六年
  • 通化大虐殺-一九四六年二月三日 ほか)
  • 第3章 再会(父は何処に-一九四七〜五七年
  • 天城の悲劇-一九五六〜五七年 ほか)
  • 第4章 母、妻、そして娘として(動乱-一九六四〜六七年
  • 祝婚歌-一九六七〜七二年 ほか)
  • 第5章 命さえあれば(地の底が揺れた-一九九四〜二〇〇五年
  • 祈る者-二〇〇五〜〇七年 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流転の子 : 最後の皇女・愛新覚羅コ生
著作者等 本岡 典子
書名ヨミ ルテン ノ コ : サイゴ ノ コウジョ アイシンカクラ コセイ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.8
ページ数 461p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004269-0
NCID BB06828349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21996792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想