三島由紀夫全集 : 決定版  38

三島由紀夫 著

川端康成、林房雄、渋沢龍彦、中村光夫、D・キーン、清水文雄、東文彦、肉親、友人…141人に宛てた806通の手紙。三島の手顔の魅力が横溢する貴重な一巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 県洋二宛
  • 阿川弘之宛
  • 秋永悦郎宛
  • 秋永俊治宛
  • 芥川比呂志宛
  • 芥川留利子宛
  • 東菊枝宛
  • 荒木精之宛
  • 伊沢甲子麿宛
  • 磯田光一宛
  • 伊藤勝彦宛〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三島由紀夫全集 : 決定版
著作者等 三島 由紀夫
井上 隆史
佐藤 秀明
山中 剛史
田中 美代子
書名ヨミ ミシマ ユキオ ゼンシュウ : ケッテイバン
巻冊次 38
出版元 新潮社
刊行年月 2004.3
版表示 決定版
ページ数 1009p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 4106425785
NCID BA49141190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20562908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"水"の身の上話 三島 由紀夫
お嬢さん 三島 由紀夫
みのもの月 三島 由紀夫
エスガイの狩 三島 由紀夫
サーカス 三島 由紀夫
ラウドスピーカー 三島 由紀夫
三島由紀夫レター教室 三島 由紀夫
不実な洋傘 三島 由紀夫
中世 三島 由紀夫
中世に於ける一殺人常習者の遺せる哲学的日記の抜萃 三島 由紀夫
人間喜劇 三島 由紀夫
仔熊の話 三島 由紀夫
仮面の告白 三島 由紀夫
伝説 三島 由紀夫
侍童 三島 由紀夫
修学旅行 三島 由紀夫
偉大な姉妹 三島 由紀夫
公園前 三島 由紀夫
午後の曳航 三島 由紀夫
命売ります 三島 由紀夫
哲学 三島 由紀夫
墓参帰り 三島 由紀夫
夏子の冒険 三島 由紀夫
夜の仕度 三島 由紀夫
夜会服 三島 由紀夫
大臣 三島 由紀夫
天国に結ぶ恋 三島 由紀夫
女流立志伝 三島 由紀夫
好色 三島 由紀夫
婦徳 三島 由紀夫
孝経 三島 由紀夫
孤閨悶々 三島 由紀夫
宝石売買 三島 由紀夫
家庭裁判 三島 由紀夫
家族合せ 三島 由紀夫
山羊の首 三島 由紀夫
岬にての物語 三島 由紀夫
幸福号出帆 三島 由紀夫
幼年時 三島 由紀夫
座禅物語 三島 由紀夫
彩絵硝子 三島 由紀夫
心のかゞやき 三島 由紀夫
怪物 三島 由紀夫
恋と別離と 三島 由紀夫
恋の都 三島 由紀夫
慈善 三島 由紀夫
接吻 三島 由紀夫
日曜日 三島 由紀夫
日食 三島 由紀夫
三島 由紀夫
春光 三島 由紀夫
春子 三島 由紀夫
暁鐘聖歌 三島 由紀夫
曼陀羅物語 三島 由紀夫
朝倉 三島 由紀夫
殉教 三島 由紀夫
毒薬の社会的効用について 三島 由紀夫
永すぎた春 三島 由紀夫
沈める滝 三島 由紀夫
潮騒 三島 由紀夫
火山の休暇 三島 由紀夫
煙草 三島 由紀夫
熊蜂の家 三島 由紀夫
牝犬 三島 由紀夫
獅子 三島 由紀夫
獣の戯れ 三島 由紀夫
玉刻春 三島 由紀夫
白鳥 三島 由紀夫
祈りの日記 三島 由紀夫
純白の夜 三島 由紀夫
絹と明察 三島 由紀夫
緑色の夜 三島 由紀夫
縄手事件 三島 由紀夫
罪びと 三島 由紀夫
美徳のよろめき 三島 由紀夫
耀子 三島 由紀夫
肉体の学校 三島 由紀夫
舞台稽古 三島 由紀夫
花ざかりの森 三島 由紀夫
花山院 三島 由紀夫
苧莵と瑪耶 三島 由紀夫
菖蒲前 三島 由紀夫
薔薇 三島 由紀夫
蛙のはりつけ 三島 由紀夫
親切な機械 三島 由紀夫
親切な男 三島 由紀夫
訃音 三島 由紀夫
贋ドン・ファン記 三島 由紀夫
軽王子と衣通姫 三島 由紀夫
退屈な旅 三島 由紀夫
青の時代 三島 由紀夫
青垣山の物語 三島 由紀夫
頭文字 三島 由紀夫
食道楽 三島 由紀夫
三島 由紀夫
魔群の通過 三島 由紀夫
鳥瞰図 三島 由紀夫
三島 由紀夫
三島 由紀夫
黒島の王の物語の一場面 三島 由紀夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想