宮沢賢治のちから : 新書で入門

山下聖美 著

フリーター、自分探し、パラサイトシングル、「シスコン」-。「雨ニモマケズ」や「銀河鉄道の夜」、あるいは絵本や教科書で出会った童話や詩を通じて、日本人にもっとも親しまれてきた作家の一人、宮沢賢治。その人生には、現代のこんなキーワードがあてはまる。この「愛すべきデクノボー」の謎多き人物像と作品世界を、若手女性研究者が、数々の意外なエピソードと特異な感覚のちからに注目しながら読み解いていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 神童誕生-幼少時代(明治二十九〜四十一年)
  • 2章 思春期の葛藤-盛岡中学校時代(明治四十二〜大正三年)
  • 3章 光と影の青春-盛岡高等農林学校時代(大正四〜九年)
  • 4章 奇跡の七ヶ月-家出、上京時代(大正十年)
  • 5章 変人か、天才か-花巻農学校教師時代(大正十一〜十四年)
  • 6章 理想と現実に揺れて-羅須地人協会時代(大正十五〜昭和三年)
  • 7章 死への助走-東北砕石工場技師時代(昭和四〜八年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮沢賢治のちから : 新書で入門
著作者等 山下 聖美
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ ノ チカラ : シンショ デ ニュウモン
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2008.9
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610280-6
NCID BA87036168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21485252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想