日本の近代 : 教養としての歴史  下

福田和也 著

日本の近代は焼け野原となって幕を閉じた。しかし、敗戦も一つの達成であった-。第一次大戦の戦勝から大東亜戦争の敗戦までの約三十年間、日本は何を成し遂げたのか。五大国として列強と肩を並べた日本は、帝国主義の終焉と相次ぐ大不況に方向性を見失う。国家が迷走するなか、主導権を握った軍部は、次第に最強国アメリカとの対立を深めていく。たった二冊で黒船から敗戦までの九十年がわかる特別講義の完結編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 五大国になったが、日本は時代に取り残されてしまった
  • 第2章 都市のサラリーマンという生き方
  • 第3章 いつも戦争の遠因には不況があった
  • 第4章 昭和デモクラシーを担った陸軍という政治集団
  • 第5章 中国との戦争に終着点はあったのか
  • 第6章 第二次世界大戦の中の日本の戦略
  • 第7章 アメリカとの戦争、そして敗戦
  • あとがき 「敗戦」は悪くない結末だった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の近代 : 教養としての歴史
著作者等 福田 和也
書名ヨミ ニホン ノ キンダイ : キョウヨウ ト シテノ レキシ
書名別名 Nihon no kindai
シリーズ名 新潮新書 262
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 2009.6
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610262-2
NCID BA85530469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21616617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想