SF魂

小松左京 著

『復活の日』『果てしなき流れの果に』『継ぐのは誰か?』-三十一歳でデビューするや、矢継ぎ早に大作を発表し、『日本沈没』でベストセラー作家となった日本SF界の草分け的存在。高橋和巳と酒を酌み交わした文学青年が、SFに見た「大いなる可能性」とは何か。今なお輝きを失わない作品群は、どのような着想で生まれたのか。そして、意外に知られていない放送作家やルポライター、批評家としての顔-。日本にSFを根付かせた"巨匠"が語る、波瀾万丈のSF半生記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 作家「小松左京」のできるまで(『SFマガジン』との出会い
  • 戦争がなければSF作家にはなっていない ほか)
  • 第2章 「SF界のブルドーザー」と呼ばれた頃(吉田健一氏の言葉が励みに
  • 新妻に書いた『日本アパッチ族』 ほか)
  • 第3章 万博から『日本沈没』へ(大阪万博に巻き込まれる
  • 未来学と『未来の思想』 ほか)
  • 第4章 『さよならジュピター』プロジェクト(『ゴルディアスの結び目』から「女シリーズ」まで
  • 「日本を沈めた男」の日本論 ほか)
  • 終章 宇宙にとって知性とは何か(還暦と『虚無回廊』
  • 阪神大震災の衝撃
  • 宇宙にとって生命とは何か、知性とは何か
  • SFこそ文学の中の文学である)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 SF魂
著作者等 小松 左京
書名ヨミ SF ダマシイ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.7
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 4106101769
NCID BA77637241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21071862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想