松下政経塾とは何か

出井康博 著

カリスマ経営者・松下幸之助が創立してから四半世紀を迎えた松下政経塾。現在、塾出身の議員・首長は総勢六十名となった。彼らは、閉塞し危機に瀕した日本の救世主か?それとも、老人の妄執が生み出した現代のドンキホーテなのか?政治家を志し、政経塾に集まってきた若者たちの群像、彼らの成長や挫折の軌跡を追いながら、ここまでに至る塾の歴史と実態、さらにその功罪を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「殿」と政経塾
  • 第1章 昭和版「松下村塾」の誕生
  • 第2章 「幸之助新党」の真実
  • 第3章 日本新党ブーム
  • 第4章 「政経塾新党」への挑戦
  • 第5章 大政奉還
  • 第6章 夢のまた夢
  • 終章 深き「業」の果てに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松下政経塾とは何か
著作者等 出井 康博
書名ヨミ マツシタ セイケイジュク トワ ナニカ
書名別名 Matsushita seikeijuku towa nanika
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2004.11
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4106100924
NCID BA69618638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20700491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想