逆立ち日本論

養老孟司, 内田樹 著

『下流志向』の内田樹と日本の知恵袋、養老孟司が火花を散らす。「ユダヤ人問題」を語るはずが、ついには泊りがけで丁々発止の議論に。それぞれの身体論、アメリカ論、「正しい日本語」、全共闘への執着など、その風狂が炸裂し、日本が浮き彫りになる。なぜこんなに笑えるのか。養老は「"高級"漫才」とこの対談を評した。脳内がでんぐり返る一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 われわれはおばさんである
  • 第2章 新・日本人とユダヤ人
  • 第3章 日本の裏側
  • 第4章 溶けていく世界
  • 第5章 蒟蒻問答主義
  • 第6章 間違いだらけの日本語論
  • 第7章 全共闘の言い分
  • 第8章 随処に主となる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆立ち日本論
著作者等 内田 樹
養老 孟司
書名ヨミ サカダチ ニホンロン
書名別名 Sakadachi nihonron
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2007.5
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603578-4
NCID BA81975328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21250660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想