歴史という名の書物

山内昌之 著

不安定な世界情勢、経済危機、政治不在、教育の荒廃…先行きの不透明な時代に、今こそ私たち一人ひとりに求められる知恵と見識。いかなる危機にも対応できる広い視野と確かな世界観を身につけるには、どんな書物を、どう読めばよいのだろう。"読み手"の歴史学者による、時代を読み取るブックガイド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人物批判をめぐって(戦の「匂い」を知る名将
  • 日本人の原初的感性 ほか)
  • 2 苦悩する日本、蘇生する日本(検察の人事
  • 「虚構」から「実体」へ ほか)
  • 3 理想主義とリアリズムの間に立つ西洋(ローマの金融危機
  • 象のような記憶力 ほか)
  • 4 アジアとイスラームをつなぐ陸と海(エルサレムの魔性
  • 聖地のバラカ(祝福) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史という名の書物
著作者等 山内 昌之
書名ヨミ レキシ ト ユウ ナ ノ ショモツ
書名別名 Rekishi to yu na no shomotsu
出版元 新潮社
刊行年月 2001.4
ページ数 267p
大きさ 20cm
ISBN 4104155020
NCID BA51896153
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想