三島由紀夫の世界

村松剛 著

破れた初恋が、その生涯に落した長い影。「仮面」の創造と「他者」への転生の足跡。そして、死を賭してまで世に訴えたかったこと…。生前の深い交友を絶妙の通奏低音としつつ、創作や評論、ノート、書簡等、あたう限り三島由紀夫自身の言葉にもとづき、類いなき文学者の全体像を精緻に浮びあがらせる。スキャンダラスな曲解、伝説の数々を払拭し、「三島論」の期を画した決定版評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 生家
  • 1 青春-『酸模』から『盗賊』へ
  • 2 自己改造をめざして-『仮面の告白』から『金閣寺』へ
  • 3 死の栄光-『鏡子の家』から『英霊の声』へ
  • 4 行動者-『豊饒の海』の完結

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三島由紀夫の世界
著作者等 村松 剛
書名ヨミ ミシマ ユキオ ノ セカイ
書名別名 Mishima yukio no sekai
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1996.11
ページ数 598p
大きさ 15cm
ISBN 4101497117
NCID BN15288611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97006418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想