星新一 : 一〇〇一話をつくった人  下巻

最相葉月 著

「セキストラ」でのデビュー後、ドライでウィットに富んだショートショートは多くの読者を獲得する。膨れ上がる人気の一方で、新しすぎる個性は文壇との間に確執を生んでいた。そして前人未到の作品数を生み出す中、星新一自身にも、マンネリ化への恐怖が襲いかかることに。本人と親交のあった関係者134人への取材と、膨大な遺品からたどる、明かされることのなかった小説家の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第7章 バイロン卿の夢
  • 第8章 思索販売業
  • 第9章 あのころの未来
  • 第10章 頭の大きなロボット
  • 第11章 カウントダウン一〇〇一編
  • 第12章 東京に原爆を!
  • 終章 鍵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 星新一 : 一〇〇一話をつくった人
著作者等 最相 葉月
書名ヨミ ホシ シンイチ : 1001ワ オ ツクッタ ヒト
書名別名 Hoshi shin'ichi
シリーズ名 新潮文庫 さ-53-6
巻冊次 下巻
出版元 新潮社
刊行年月 2010.4
ページ数 477p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-148226-2
NCID BB01616682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21739550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想