心療内科を訪ねて

夏樹静子 著

ひどい腰痛に苦しんだ3年間の地獄体験が、著者を心療内科取材に駆り立てた。潰瘍性大腸炎、顎関節症、高血圧、拒食・過食症、脱毛…原因不明のすべての症状の裏には、心の痛みが隠れていた。心はあらゆる形をとって警告を出していたのだ。様々な症状に苦しむ人々の体験を語り、大反響のルポルタージュ。腰痛、肩こり、不眠、倦怠…の原因は、あなた自身かもしれません-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心身症との出会い
  • 両親を苦しめたかった
  • 上昇志向と職場の軋轢
  • より完全に、より美しく
  • 高血圧なら、逃げられる
  • 極限への綱渡り
  • とらわれの悪循環
  • 髪の毛の悲鳴
  • エリートコースと各駅停車
  • All or None・完全主義の陥し穴
  • 喘鳴が止まる時
  • 症例の数だけ人生がある

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心療内科を訪ねて
著作者等 夏樹 静子
書名ヨミ シンリョウ ナイカ オ タズネテ : ココロ ガ イタミ ココロ ガ ナオス
書名別名 心が痛み、心が治す

Shinryo naika o tazunete
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2006.8
ページ数 244p
大きさ 16cm
ISBN 4101443130
NCID BA78000465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21081049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想