腰痛放浪記椅子がこわい

夏樹静子 著

「夏樹静子のお葬式を出しましょう」-苦しみ抜き、疲れ果て、不治の恐怖に脅かされた闘病の果てに、医者はこう言った。時には死までを思い浮かべた鋭い腰の疼痛は、実は抑制された内なる魂の叫びだった。そして著者もいまだに信じられないという、劇的な結末が訪れる。3年間の地獄の責め苦は、指一本触れられずに完治した。感動の腰痛闘病記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 見あげる風景
  • 第2章 筋肉の預金残高
  • 第3章 世に腰痛者と名医は多い
  • 第4章 霊
  • 第5章 心身症
  • 第6章 入眠剤四百錠
  • 第7章 海の見える寝室
  • 第8章 螺旋階段
  • 第9章 〓啄(そつたく)同時

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腰痛放浪記椅子がこわい
著作者等 夏樹 静子
書名ヨミ ヨウツウ ホウロウキ イス ガ コワイ
書名別名 椅子がこわい

Yotsu horoki isu ga kowai
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2003.8
ページ数 246p
大きさ 16cm
ISBN 4101443106
NCID BA62980499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20435749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想