神戸震災日記

田中康夫 著

「何かしろ、何ができる?」-愛着ある街の悲報に接して、作家は現地に駆け付けた。バイクに跨がり、水、下着、化粧品などを直接手渡す。その中で見えてきたのは、マスコミや企業の偽善、被災者の心を汲みとれない知事や市長の体温の低さだった。その後もテント村や仮設住宅に通い続けて、何ひとつ震災前と変わらぬまま封印されてゆく現代日本の病巣までを焙り出した渾身のレポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ボランティアへ
  • ボランティア日誌(1月20日〜26日)
  • 女性記者のボランティア同行日記(1月27日〜29日)
  • 四人への手紙
  • ゲンチャリにまたがって
  • エピローグ そして、KOBE

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神戸震災日記
著作者等 田中 康夫
書名ヨミ コウベ シンサイ ニッキ
書名別名 Kobe shinsai nikki
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1997.1
ページ数 244p
大きさ 15cm
ISBN 4101434085
NCID BN15736960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97039652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想