文人悪食

嵐山光三郎 著

「何か喰いたい」臨終の漱石は訴え、葡萄酒一匙を口に、亡くなった。鴎外はご飯に饅頭を乗せ、煎茶をかけて食べるのが好きだった。鏡花は病的な潔癖症で大根おろしも煮て食べたし、谷崎は鰻や天ぷらなど、こってりした食事を愉しんだ。そして、中也は酒を食らって狂暴になり、誰彼構わず絡んでいた。三十七人の文士の食卓それぞれに物語があり、それは作品そのものと深く結びついている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夏目漱石-ビスケット先生
  • 森鴎外-饅頭茶漬
  • 幸田露伴-牛タンの塩ゆで
  • 正岡子規-自己を攻撃する食欲
  • 島崎藤村-萎びた林檎
  • 樋口/一葉-ドブ板の町のかすていら
  • 泉鏡花-ホオズキ
  • 有島武郎-『一房の葡萄』
  • 与謝野晶子-一汁一菜地獄
  • 永井荷風-最後に吐いた飯つぶ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文人悪食
著作者等 嵐山 光三郎
書名ヨミ ブンジン アクジキ
書名別名 Bunjin akujiki
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2000.9
ページ数 562p
大きさ 15cm
ISBN 4101419051
NCID BA48088128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20099070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想