要約世界文学全集  1

木原武一 著

名作の美味しさはそのままに、ストーリーをギュッと濃縮した「要約文学」の最高傑作。「トルストイやゲーテなどは、自分の小説がこんなふうに簡潔に要約されて怒っているかもしれない」と著者は言いますが、いいじゃないですか。忙しい現代人にふさわしい、新しいスタイルの読書法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ナボコフ『ロリータ』(一九五五)
  • ヘミングウェイ『老人と海』(一九五二)
  • カポーティ『遠い声遠い部屋』(一九四八)
  • カミュ『ペスト』(一九四七)
  • マルタン・デュ・ガール『チボー家の人々』(一九四〇)
  • サン=テグジュペリ『人間の大地』(一九三九)
  • ヘンリー・ミラー『北回帰線』(一九三四)
  • フォークナー『八月の光』(一九三二)
  • ツヴァイク『ジョゼフ・フーシェ』(一九二九)
  • D・H・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』(一九二八)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 要約世界文学全集
著作者等 木原 武一
書名ヨミ ヨウヤク セカイ ブンガク ゼンシュウ
書名別名 Yoyaku sekai bungaku zenshu
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次 1
出版元 新潮社
刊行年月 2004.1
ページ数 478p
大きさ 16cm
ISBN 4101336210
NCID BA65055078
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20530418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想