街場の大阪論

江弘毅 著

スタバはないがお好み焼き屋があり、缶ビールを24時間売っているコンビニはないが朝からやってる立ち呑み屋があり、ヤクザが徘徊し、おばはんの立ち話が続く。そんな「大阪の街場」のリアルなコミュニティと、そこで生きていくおもしろさを、岸和田に生まれ育ち、関西有数の雑誌の名物編集長だった著者が、ラテンのノリで語る。大笑いしながら考えさせられる大阪発スーパーエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 街場の大阪論(「二度づけお断り」の思想
  • アホで悪いか?大阪の街場の子どもたち
  • 東京タワーと通天閣 ほか)
  • 第2章 大阪からワシも考える(「知らない人なのに知っている人」のいる街
  • "街場"の大阪人は知っている
  • 情報バラエティ番組の空気感 ほか)
  • 第3章 街をビジネスモデルで語れるか!(日限萬里子さんのこと
  • ほっといてくれよ「まちづくり」
  • 道頓堀が泣いている ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 街場の大阪論
著作者等 江 弘毅
書名ヨミ マチバ ノ オオサカロン
書名別名 Machiba no oosakaron
シリーズ名 新潮文庫 こ-50-1
出版元 新潮社
刊行年月 2010.6
ページ数 278p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-131921-6
NCID BB02241020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21775206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想