甘粕正彦乱心の曠野

佐野眞一 著

大杉事件の主謀者として"主義者殺し"の汚名を負い入獄。後年、満映理事長に着任後は一転、満州国の「夜の帝王」として君臨した、元憲兵大尉・甘粕正彦。趣味は「釣りと鴨撃ち、そして謀略」と公言し、現代史の暗部を彷徨した甘粕が、自死と共に葬ろうとしたものは何だったか?講談社ノンフィクション賞受賞の衝撃作に、新事実を大幅加筆。通説を大きく揺さぶる満州巨編評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 "主義者殺し"
  • 第1章 幕末のDNA
  • 第2章 憲兵大尉の鳴咽
  • 第3章 鑑定書は語る
  • 第4章 獄中の臣民
  • 第5章 浴衣の会見記
  • 第6章 暗鬱のルーアン
  • 第7章 謀略人脈
  • 第8章 満州ひとりぼっち
  • 第9章 人は来りて見よ
  • 第10章 満映という王国
  • 終章 八十五年目の真実

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 甘粕正彦乱心の曠野
著作者等 佐野 真一
佐野 眞一
書名ヨミ アマカス マサヒコ ランシン ノ コウヤ
書名別名 Amakasu masahiko ranshin no koya
シリーズ名 新潮文庫 さ-46-10
出版元 新潮社
刊行年月 2010.11
ページ数 608, 5p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-131640-6
NCID BB03751179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21839185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想