カリスマ : 中内功とダイエーの「戦後」  下巻

佐野眞一 著

中内功率いるダイエーは、革命的な流通再編を断行、同業者との値下げ合戦にも次々と勝利し、事業を急速に拡大してゆく。そして気が付くと、ダイエーは日本最大のスーパーに成長し、中内は小売業界の帝王として君臨していた。だが、バブル経済が崩壊すると、中内ダイエーは空前の借金地獄に転落する-。社長交代、インサイダー疑惑、屈辱の臨時株主総会までを追加取材した最終決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4部 挑戦と猜疑(「わが安売り哲学」
  • 三島由紀夫と格安テレビ ほか)
  • 第5部 膨張と解体(持ち株会社第一号とローソンの反乱
  • 宮古の怪、福岡の謎 ほか)
  • 第6部 懊悩と終焉(中内ダイエーの一番長い日
  • インサイダー疑惑の衝撃 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カリスマ : 中内功とダイエーの「戦後」
著作者等 佐野 真一
書名ヨミ カリスマ : ナカウチ イサオ ト ダイエー ノ センゴ
書名別名 Karisuma
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次 下巻
出版元 新潮社
刊行年月 2001.5
ページ数 516, 20p
大きさ 16cm
ISBN 4101316325
NCID BA51693214
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想