養老孟司の大言論  1 (希望とは自分が変わること)

養老孟司 著

人は死んで、いなくなる。ボケたらこちらの勝ちである。人生に多少の危険はつきものだ。若者に独創性を説くのは害であろう。教育の本質は「人を変える」こと。自分がどういう面で変わり、どういう面で変わらないか、歳を取ってもわからない。そこに、希望がある。世界が変わるのではない、自分が変わるのである-。9年間40万字を費やした連載の集大成、「大言論」シリーズ第1巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 田園都市とイギリス人
  • コスタリカと生物多様性
  • 島根のやまあいを歩く
  • 紀伊半島は広い
  • 考える田舎
  • 京都というところ
  • 「読む」とはどういうことか
  • スロー社会
  • ただの人
  • エリートとはなにか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 養老孟司の大言論
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ ヨウロウ タケシ ノ ダイゲンロン
書名別名 Yoro takeshi no daigenron
シリーズ名 新潮文庫 よ-24-8
巻冊次 1 (希望とは自分が変わること)
出版元 新潮社
刊行年月 2014.2
ページ数 250p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-130838-8
NCID BB14764762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22362740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想