身体の文学史

養老孟司 著

「文学」それは人間の意識が「言葉」を手段として生み出したもの。そして「言葉」は人間の「身体」が生み出したもの。しかし日本人は江戸時代以来「身体」を「言葉」から切り離し抑圧してきた、なぜなら-。芥川、漱石、鴎外、小林秀雄、大岡昇平、深沢七郎、石原慎太郎、三島由紀夫らの作品を「身体」の切り口から読み替え、文学を含めた全ての「表現」の未来を照らす画期的な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 身体の文学史
  • 芥川とその時代
  • 心理主義
  • 文学と倫理
  • 身体と実在
  • 自然と文学
  • 深沢七郎ときだみのる
  • 戦場の身体
  • 太陽と鉄
  • 表現としての身体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体の文学史
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ シンタイ ノ ブンガクシ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2001.1
ページ数 221p
大きさ 16cm
ISBN 4101308314
NCID BA49786072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20126220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想