人は見た目が9割  「超」実践篇

竹内一郎 著

言葉は脳の命令どおりに嘘をつく。だから人は表情や口調といった「見た目(=非言語情報)」で相手を判断する。つまり言葉よりも先に伝わるのは"あなた自身"なのだ。挨拶の重要性、モテ仕草の罠、三面鏡の活用法、表情を豊かにする表情筋ストレッチ…。ミリオンセラーの著者が説く実生活で役立つヒントの数数。こうすれば"見た目"は磨かれる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パッと見の威力(第一印象が当たるわけ
  • 会う回数が多いほど好きになる ほか)
  • 第2章 三割は誤解(恋人役は何となく決まる
  • "華"のある人になれるか? ほか)
  • 第3章 "見た目"のゴール(整形手術と痛々しい中年
  • "本当のこと"はいえない ほか)
  • 第4章 モテ仕草の罠(毒にも薬にもなる"見た目"
  • "モテ仕草"とは何か ほか)
  • 第5章 評価は一八〇度変わる(人気のない"表情"
  • 会話を盛り上げる"表情" ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人は見た目が9割
著作者等 竹内 一郎
書名ヨミ ヒト ワ ミタメ ガ キュウワリ
シリーズ名 新潮文庫 た-109-1
巻冊次 「超」実践篇
出版元 新潮社
刊行年月 2014.6
ページ数 222p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-127941-1
NCID BB15685333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22419932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想