偏愛記 : ドストエフスキーをめぐる旅

亀山郁夫 著

2008年、モスクワ・クレムリン宮殿最大の広さと威容を誇る純白の大広間。ロシア語とロシア文化の普及への貢献を理由にメダルを授与されたわたしは信じられない思いだった。かつてソ連留学中にスパイ容疑で尋問を受け、死ぬほどの苦しみを味わったわたしが、なぜ-。ドストエフスキーの作品と生涯に、自身の葛藤を重ねた自伝的エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二〇〇八年十月、モスクワ、ロシア国立外国文献図書館
  • 二〇〇七年二月、モスクワ、トヴェルスカヤ通り十二番
  • 二〇〇一年九月、ザライスク、ダロヴォーエ
  • 二〇〇一年九月、チェルマシニャー
  • 二〇〇九年一月、東京、日仏会館
  • 一九六三年八月、宇都宮
  • 一九五七年二月、宇都宮
  • 一九六六年十月、宇都宮
  • 一九六八年五月、東京、西ヶ原
  • 一九六八年六月、東京、西ヶ原〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 偏愛記 : ドストエフスキーをめぐる旅
著作者等 亀山 郁夫
書名ヨミ ヘンアイキ : ドストエフスキー オ メグル タビ
書名別名 Hen'aiki
シリーズ名 新潮文庫 か-69-1
出版元 新潮社
刊行年月 2013.6
ページ数 294p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-127531-4
NCID BB12594399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22258175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想