シネマと書店とスタジアム

沢木耕太郎 著

『蝶の舌』『ピンポン』などのヒット映画から、ピート・ハミルや古井由吉の本まで、著者は決して手放しに褒めない。たとえ欠点があるとしても、なぜ自分はその作品が楽しめたのかを率直にやわらかく語る。長野五輪と日韓W杯では、選手の内面に視線を向けて、プレー中の一瞬の決断や逡巡に推理をめぐらす。映画と本とスポーツをこよなく愛する著者による刺激的なコラム批評99編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Cinema-銀の森へ
  • Books-いつだって本はある
  • Games-冬のサーカス
  • Games-ピッチのざわめき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シネマと書店とスタジアム
著作者等 沢木 耕太郎
書名ヨミ シネマ ト ショテン ト スタジアム
書名別名 Shinema to shoten to sutajiamu
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2005.7
ページ数 328p
大きさ 16cm
ISBN 4101235155
NCID BA72447420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20823445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想