縛られた巨人 : 南方熊楠の生涯

神坂次郎 著

異常な記憶力、超人的行動力によって、南方熊楠は生存中からすでに伝説の人物だった。明治19年渡米、独学で粘菌類の採集研究を進める。中南米を放浪後、ロンドン大英博物館に勤務、革命家孫文とも親交を結ぶ。帰国後は熊野の自然のなかにあって終生在野の学者たることを貫く。おびただしい論文、随筆、書簡や日記を辿りつつ、その生涯に秘められた天才の素顔をあますところなく描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神童クマグス
  • 天下の男といわれたい
  • わが思うことは涯なし
  • フロリダ泥砂の中に埋もるや
  • 馬小屋の哲人
  • Ros Marの謎
  • さらば孫文
  • 龍動水滸伝
  • リバプールふたたび
  • 孫文の白いヘルメット
  • 熊野蒙昧の天地
  • わが頭抜けて那智山中を飛ぶ
  • われに恋慕の思いあり
  • 帰りなんいざ
  • 小生いまだ女を知らざりしなり
  • 稲八金天大明権現王子の出現
  • 予、警察署長を蛙の如く投げ
  • 人魚の裁判
  • われゲスネルのごとく
  • 人の交わりにも季節あり
  • 蚤をとるか天下をとるか
  • 時空のミケトゾア
  • 雨にけぶる神島を見て
  • 熊楠への旅のおわりに
  • 対談 人間・南方熊楠に迫る(北杜夫・神坂次郎)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縛られた巨人 : 南方熊楠の生涯
著作者等 神坂 次郎
書名ヨミ シバラレタ キョジン
書名別名 Shibarareta kyojin
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1991.12
ページ数 502p
大きさ 15cm
ISBN 410120912X
NCID BN07038233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92015168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想