光る壁画

吉村昭 著

胃潰瘍や早期癌の発見に絶大な威力を発揮する胃カメラは、戦後まもない日本で、世界に先駆けて発明された。わずか14ミリの咽喉を通過させる管、その中に入れるカメラとフィルム、ランプはどうするのか…。幾多の失敗をのりこえ、手さぐりの中で研究はすすむ。そして遂にはカラー写真の撮影による検診が可能となった。技術開発に賭けた男たちのロマンと情熱を追求した長編小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光る壁画
著作者等 吉村 昭
書名ヨミ ヒカル ヘキガ
出版元 新潮社
刊行年月 1981.5
版表示 改版
ページ数 248p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-111717-1
NCID BN09734632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81030619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想