深夜の読書

辻井喬 著

21世紀を見通す先進的な企業集団西武セゾングループの総師・堤清二のペンネームは辻井喬。詩人・小説家としても著名で、彼は1日の仕事を終えると、深夜書斎にこもり、創作の傍ら、好きな書物をひもとく。彼の魂が世界と向い合うのは、そんな時だ。西鶴やマルケスを論じる読書日記をはじめ、モーツァルトの音楽やクレーの絵画を鑑賞したエッセイ、自伝的小説等も収めた多彩な文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 深夜の読書
  • あすへの話題
  • 芸術の周辺
  • 人と想い出(三島由紀夫
  • 吉田健一
  • 武田泰淳
  • 額田姫王)
  • 夏の花
  • 父の不在・信号機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 深夜の読書
著作者等 辻井 喬
書名ヨミ シンヤ ノ ドクショ
書名別名 Shin'ya no dokusho
出版元 新潮社
刊行年月 1982.1
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 4101025215
NCID BN01416553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82017572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想