ホントの話 : 誰も語らなかった現代社会学<全十八講>

呉智英 著

「真実は快いものとは限らない。むしろ恐ろしく、不快なことの方が多い」…現代ニッポンの思想・言論空間の歪みを、ご存じゴチエイ先生が袈裟斬りにする、眼からウロコの現代社会学十八講。「支那を『支那』と呼んで何が差別なのか」、「死刑は廃止して『仇討ち』を復活せよ」、「『動物愛護運動』のグロテスク」、「『第三国人』発言のどこが差別か」など、人権、民主主義、ナショナリズム、民族差別、教育、マスコミなどに横たわるタブーの数々に真っ向から挑戦状を叩きつける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人権と民主主義について(人権思想という血塗られた宗教
  • 死刑が封じ込めた復讐権こそ基本的人権ではないか ほか)
  • ナショナリズムについて(愛国史観にも自虐史観にも与しない「正しい戦争教育」
  • 「個人か国家か」の不毛な選択を超えた「職業意識」 ほか)
  • 民族差別について(特別鼎談 在日朝鮮人と参政権(李英和
  • 鄭大均)
  • 支那を「支那」と呼んで何が差別なのか ほか)
  • 現代人の愛について(「猫至上主義者」のグロテスクな純粋
  • 愛のイデオロギーに縛られた現代人はエロスをもて余す ほか)
  • 教育とマスコミについて(教師とは「知識と訓練」を売るショーバイ人である
  • ジャーナリストにも売春帰にも「商業道徳」を ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホントの話 : 誰も語らなかった現代社会学<全十八講>
著作者等 呉 智英
書名ヨミ ホント ノ ハナシ : ダレ モ カタラナカッタ ゲンダイ シャカイガク ゼン ジュウハチコウ
書名別名 Honto no hanashi
シリーズ名 小学館文庫
出版元 小学館
刊行年月 2003.5
ページ数 243p
大きさ 15cm
ISBN 4094055819
NCID BA64817659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20394064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想