日本の正体

落合信彦 著

「日本の外交は"自主外交"ではなく、"自殺外交"」「日本は"民主主義"国家ではなく、"官主主義"国家」「世界最大の文化的根無し草」「利権ブローカーと二世、三世でいっぱいの"永田町動物園"」ほか…。国際ジャーナリスト・落合信彦が教育、文化、外交、政治、経済、社会など9つの分野で「日本の病根」を徹底診断、新たなルネッサンスの道をさぐる。「日本は、このままでよいのか!」-いまだ再生への道を見出せないでいる世紀末ニッポンへの、この熱きメッセージを聞け。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教育の正体
  • 第2章 文化の正体
  • 第3章 マスコミの正体
  • 第4章 官僚の正体
  • 第5章 結婚の正体
  • 第6章 外交の正体
  • 第7章 政治の正体
  • 第8章 経済の正体
  • 第9章 社会の正体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の正体
著作者等 落合 信彦
書名ヨミ ニホン ノ ショウタイ
書名別名 Nihon no shotai
シリーズ名 落合信彦選集 / 落合信彦 著 2
小学館文庫 2
出版元 小学館
刊行年月 1999.1
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 4094020543
NCID BA40819092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99036092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想