逆説の世界史 = AN UPSIDE-DOWN HISTORY OF THE WORLD  1 (古代エジプトと中華帝国の興廃)

井沢元彦 著

ピラミッドの建造技術を断絶させた言霊信仰、「ファラオの墓」という定説の大いなる矛盾、中華文明を600年も停滞させた儒教社会の呪縛ほか、全世界必読の文明論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人類はいにかして文明を持ったか-通史としての世界史を書く方法論(民族、宗教、イデオロギーを超越した新たな視点
  • 時代分類は「利器の材質」から「情報蓄積ツール」へ)
  • 第1章 古代エジプト文明の崩壊-科学技術情報を隠蔽したファラオの言霊信仰(なぜ巨大ピラミッドが建造されたのか
  • ヒエログリフと文字の起源)
  • 第2章 中国文明の力量と停滞-六百年も停滞し続ける「中華思想」国家の臨界(儒教文明の呪縛と毛沢東の文化大革命
  • 朱子学国家が東アジアに与えた悪影響
  • 歴史を改鼠する中国共産党の偏向教育)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆説の世界史 = AN UPSIDE-DOWN HISTORY OF THE WORLD
著作者等 井沢 元彦
書名ヨミ ギャクセツ ノ セカイシ
書名別名 AN UPSIDE-DOWN HISTORY OF THE WORLD
巻冊次 1 (古代エジプトと中華帝国の興廃)
出版元 小学館
刊行年月 2014.1
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-09-388347-4
NCID BB14766892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22362459
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想