日本の未来について話そう

マッキンゼー・アンド・カンパニー 責任編集 ; クレイ・チャンドラー, エアン・ショー, ブライアン・ソーズバーグ 編著

復興への希望や、目指すべき未来への道筋など、愛情に満ちた筆で描かれた日本再生への提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の再生へ向けて
  • 第2章 再び変化の時代へ
  • 第3章 再建のための現状把握
  • 第4章 国際化への鍵
  • 第5章 日本外交政策の選択
  • 第6章 グローバルな視座
  • 第7章 技術と思考のイノベーション
  • 第8章 人材の「発見」と活用
  • 第9章 文化の継承と発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の未来について話そう
著作者等 Chandler, Clay
Chhor, Heang
McKinsey and Company
Salsberg, Brian
マッキンゼーアンドカンパニー
マッキンゼー
書名ヨミ ニホン ノ ミライ ニ ツイテ ハナソウ : ニホン サイセイ エノ テイゲン
書名別名 Reimagining Japan

日本再生への提言

Nihon no mirai ni tsuite hanaso
出版元 小学館
刊行年月 2011.7
ページ数 416p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-09-388189-0
NCID BB06162990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21957152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
7人のサムライを呼べ アダム・ポーゼン
Tシャツか着物か セナパティ・ゴパラクリシュナン
「ガマン」の力 トム・リード
「変化への抵抗」という錯覚 ジョン・ダワー
「失われた20年」からの脱却 デビッド・サンガー
がれきのなかに見えた日本の課題と未来 ヘンリー・トリックス
ほか6編
アジアのパイオニア ピーター・レッシャー
クリーン・テクノロジーの先鋒の地位を守れるか デビッド・ヘンダーソン, フィリップ・ラドケ, 鈴木栄
グローバルな視座 パーフェクトブレンドを求めて ハワード・シュルツ
グローバル企業への変身 前田新造
サッカーで見る日本 岡田武史
シリコンバレーのDNA 南場智子
ジャパン・アズ・ナンバーワンはどこへ エズラ・F.ヴォーゲル
ベンチから見た日本野球 ボビー・バレンタイン
モノづくりの時代を超えて 孫正義
ワーク・ライフバランスと女性の活躍 小室淑恵
中国と向き合う 田中均
人材の「発見」と活用 リーダーの必須条件 柴田拓美
保守化する若者 山田昌弘
光を絶やさないために ケビン・マシー, ゴビンダ・アバサラーラ, チャールズ・エビンジャー
再び変化の時代へ コスモポリタン国家への転換 イアン・ブルマ
再建のための現状把握 過去から未来へのメッセージ スティーブン・ローチ
国際化への鍵 「日本企業のグローバル化」への具体的施策 ゴードン・オール, ブライアン・ソーズバーグ, 岩谷直幸
変革へのギアチェンジ カルロス・ゴーン
外交力のない国、ニッポン ポール・ブルースタイン
実行の時が来た ピーター・タスカ
家族を第一に 佐々木かをり
技術と思考のイノベーション ガラパゴスからの脱出 関口和一
教育改革の第一歩は、民間校長の登用 藤原和博
数字で見る日本の競争力 クラウス・シュワブ
文化の継承と発展 秋田犬の系譜 マーサ・シェリル
日本が世界の未来に向けて貢献すべきものとは 岩崎夏海
日本のハイテク企業を再起動させる4つのモデル インゴ・ベイヤー・フォン・モルゲンスターン, ウルリヒ・ネーアー, ピーター・ケネバン
日本の再生へ向けて 3・11が予感させる「国家の地殻変動」 船橋洋一
日本よ、いますぐ目を覚ませ 長谷川閑史
日本ゲーム産業のネクストミッション 稲船敬二
日本外交政策の選択 日本に突きつけられた選択肢 ビル・エモット
独自性から強さを築く エザード・オーバービーク, ジョン・チェンバース
目利きの文化 ベルナール・アルノー
着眼大局、着手小局 坂根正弘
社長島耕作からのアドバイス 弘兼憲史
米国の戦略的資産としての日本 マイケル・グリーン
米国中西部から極東へ ボブ・マクドナルド
若者に席を譲ろう 岡田元也
若者よ、日本を出よ 柳井正
起業家と女性が拓く日本の未来 スティーブ・ヴァンアンデル
野茂効果 ロバート・ホワイティング
鎖国を解く グレン・S.フクシマ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想