駕籠に乗る人担ぐ人 : 自民党裏面史に学ぶ

早坂茂三 著

一寸先が闇の政界で、修羅の業火をくぐりぬけ、日本の政治家たちは、いかに生きぬくのか。敏腕秘書として23年間、その実態を直接体験してきた筆者があるがままに描きだす。権力への執念、カネの活かし方、政治家秘書の生きざま…緊迫感に満ちた人間ドラマが連続する。第一級ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 権力の司祭への道-非凡なる平凡・竹下登が、なぜ権力を握ったか
  • 第2章 トメばあさんの一票-大衆が信用するのは何か=田中角栄に見る人の心の掴み方
  • 第3章 現金配達人-どう使えば、カネは活きるか
  • 第4章 二代目、三代目-帝王学を身につけるための条件
  • 第5章 その姿を私は忘れない-影の者・政治家秘書の生きざま
  • 第6章 三人の総理大臣-政治家は仕事の結果で評価するしかない
  • 第7章 双頭の鷲-権力への執念を実らせるものは何か
  • 第8章 先頭ランナー-権力への階段をどう登るか、そこに何が待っているか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 駕籠に乗る人担ぐ人 : 自民党裏面史に学ぶ
著作者等 早坂 茂三
書名ヨミ カゴ ニ ノル ヒト カツグ ヒト
書名別名 Kago ni noru hito katsugu hito
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 1994.5
ページ数 230p
大きさ 16cm
ISBN 4087481646
NCID BN10865139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94051702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想