怒りのブレイクスルー

中村修二 著

四国の小さな蛍光体の製造会社に就職し、単身挑んだのが、夢の技術といわれる高輝度青色LEDの開発と製品化だった。社内の強い反発と度重なる失敗の中、ついに開発が実現したLEDの光こそ、21世紀を目前にした世界が注目する科学の成果だった。世界で認められながら社内では認められない現実に失望し、さらなる研究のために渡米する。文庫化にあたり、注目の200億円裁判の真相を付記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 モノ作り時代(実現できなかった青色LED
  • 大学院を卒業して受けた京セラ ほか)
  • 第2章 青色へ(ヤケクソになって出た結論
  • 研究者の夢「青色LED」 ほか)
  • 第3章 疑問と決断(製品化までの紆余曲折
  • スレイブ中村 ほか)
  • 第4章 アメリカン・ドリーム(新居を決める
  • 日本の教育制度の問題は明白だ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怒りのブレイクスルー
著作者等 Nakamura, Shuji
中村 修二
書名ヨミ イカリ ノ ブレイク スルー
書名別名 Ikari no bureiku suru
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 2004.5
ページ数 284p
大きさ 16cm
ISBN 4087477045
NCID BA67407653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20597001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想