ヒコクミン入門

島田雅彦 著

現代日本文学の「青二才」はいかにして世紀末を迎え、「ヒコクミン」へと変貌を遂げたのか-。ニューヨークへの季節亡命、ベルリンの壁の崩壊、湾岸戦争、ソ連解体…。二十世紀最後の十年、激動の世界を島田雅彦が、移動し、観察し、味わい、そして鋭く斬った。二千年紀に満を持して問う、ファン必読の"幻の"エッセイ集、大幅再編集で、ついに文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一歳年上の彼・1989-プロローグ
  • セルフ・プレゼンテーション
  • 旅するヒコクミン
  • 考えるヒコクミン
  • ヒコクミン列伝
  • 遊ぶヒコクミン
  • 自由業について-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒコクミン入門
著作者等 島田 雅彦
書名ヨミ ヒコクミン ニュウモン
書名別名 Hikokumin nyumon
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 2000.2
ページ数 320p
大きさ 16cm
ISBN 4087471608
NCID BA46590879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20037400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想