読む人間

大江健三郎 著

私はこれらの本と一緒に生きてきた-。マーク・トウェインから井上ひさしまで、著者がこれまでに出会った、世代を越えて読み継がれるべき大切な作品を紹介。自らの執筆活動と読書体験を元に"読む"ことが"生きる"うえでいかに救いとなり、喜びとなるかをやさしく語る、ノーベル賞作家による読書ガイド。文庫化に際し、東日本大震災後の2011年6月に行われた講演を新たに収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生きること・本を読むこと(さようなら、私の本よ!
  • 故郷から切り離されて
  • 文体を読みとる、文体を作る
  • ブレイクの受容に始まる
  • 本のなかの『懐かしい年』
  • ダンテと『懐かしい年』
  • 仕様がない!私は自分の想像力と思い出とを、葬らねばならない!)
  • 第2部 死んだ人たちの伝達は火をもって表明される(「後期のスタイル」という思想-サイードを全体的に読む
  • 読むこと学ぶこと、そして経験-しかも(私の魂)は記憶する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読む人間
著作者等 大江 健三郎
書名ヨミ ヨム ニンゲン
書名別名 Yomu ningen
シリーズ名 集英社文庫 お18-3
出版元 集英社
刊行年月 2011.9
ページ数 270p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746739-0
NCID BB06902587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21988062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想