沖縄だれにも書かれたくなかった戦後史  上

佐野眞一 著

戦後日本は、沖縄を米国へ人身御供として差し出すことで、復興と繁栄を手に入れた。沖縄に米軍基地の大半を押しつけて経済発展を享受する構図は、東京のために福島に原発を作ることと何ら変らわない。天皇、米軍、沖縄県警、ヤクザ、怪人、財界人、奄美人など…戦後の沖縄を作り上げた人々の、本土では知られざる「小文字」の物語を丹念にたどり、現代日本そのものを逆照射したベストセラー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 天皇・米軍・沖縄県警(「お約束」の島から「物語」の島へ
  • 歴史に翻弄された沖縄県警
  • スパイ蠢く島 ほか)
  • 2 沖縄アンダーグラウンド(花街・映画・沖縄空手
  • 沖縄ヤクザのルーツ"戦果アギヤー"
  • 山口組の影 ほか)
  • 3 沖縄の怪人・猛女・パワーエリート(その1)(弾圧・拷問・右翼テロ
  • 第三の新聞・沖縄時報顛末記
  • 沖縄を通り過ぎた男たち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄だれにも書かれたくなかった戦後史
著作者等 佐野 真一
佐野 眞一
書名ヨミ オキナワ ダレ ニモ カカレタクナカッタ センゴシ
書名別名 Okinawa dare nimo kakaretakunakatta sengoshi
シリーズ名 集英社文庫 さ48-1
巻冊次
出版元 集英社
刊行年月 2011.7
ページ数 494p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746725-3
NCID BB06549673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21963205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想