小沢主義(イズム) : 志を持て、日本人

小沢一郎 著

「選挙活動は川上から。人口密度の低い農村部から始めろ」「政権交代のないところには政策論争もない」「政治家を育てるのは国民自身」「教育の最終責任を国家に」"剛腕"政治家が、未来を担う若者に平易な言葉で民主主義の原則を熱く語りかける。27歳から政界の第一線で活躍し続け、ついにその信念である政権交代を実現させた、小沢一郎の政治哲学が凝縮された歴史的な一冊が、待望の文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 選挙の重さ
  • 第2章 政治不在の国・日本
  • 第3章 「お上意識」からの脱却
  • 第4章 リーダーの条件
  • 第5章 二十一世紀、日本の外交
  • 第6章 日本復活は教育から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小沢主義(イズム) : 志を持て、日本人
著作者等 小沢 一郎
書名ヨミ オザワイズム : ココロザシ オ モテ ニホンジン
書名別名 小沢主義

Ozawaizumu
シリーズ名 集英社文庫 お68-1
出版元 集英社
刊行年月 2009.12
ページ数 187p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746513-6
NCID BB02412972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21695247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想