書物の達人丸谷才一

菅野昭正 編 ; 菅野昭正, 川本三郎, 湯川豊, 岡野弘彦, 鹿島茂, 関容子 著

小説、随筆、書評、翻訳、連句など幅広い領域で活躍し、まさに文学における「達人」であった丸谷才一。その文学世界を解読して大好評を博した連続講演(世田谷文学館 二〇一三年)を書籍化。各界の第一人者であり、かつ生前の丸谷と親交が深かった豪華講師陣が、丸谷文学の全貌を多角的に明らかにする。文芸評論、書評、和歌、フランス文学、歌舞伎…視点の異なる各論考が"丸谷才一"で一本につながり、大文学者の多彩な魅力が改めて浮かび上がる。生前の丸谷との貴重なエピソードも収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 昭和史における丸谷才一(川本三郎)
  • 第2章 書評の意味-本の共同体を求めて(湯川豊)
  • 第3章 快談・俳諧・墓誌(岡野弘彦)
  • 第4章 官能的なものへの寛容な知識人(鹿島茂)
  • 第5章 『忠臣蔵とは何か』について(関容子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書物の達人丸谷才一
著作者等 岡野 弘彦
川本 三郎
湯川 豊
菅野 昭正
関 容子
鹿島 茂
書名ヨミ ショモツ ノ タツジン マルヤ サイイチ
書名別名 Shomotsu no tatsujin maruya saichi
シリーズ名 集英社新書 0741
出版元 集英社
刊行年月 2014.6
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720741-5
NCID BB15810209
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22430484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想