不安が力になる

ジョン・キム 著

日本人が知らない日本の素晴らしさとは何か。90年代バブル崩壊直後に日本に留学し、米英独の大学に研究員として赴任、慶應義塾大学で教鞭をとった著者が、日本社会の希望と新しい幸福観について論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本は沈んでいない(失われた二十年とは
  • 資本主義的価値観から抜け出す ほか)
  • 第2章 自分の人生は自らデザインする(一人暮らしをしていた小学生時代
  • 理不尽を受け入れて平穏を手に入れる ほか)
  • 第3章 世代を超えて調和する(学生にノマドを勧めない理由
  • 日本の若者の間で進む幸福の革命 ほか)
  • 第4章 美しく生きる(転職して通用する人材になる
  • 韓国と日本のビジネスマンの違い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不安が力になる
著作者等 Kim, John
キム ジョン
書名ヨミ フアン ガ チカラ ニ ナル : ニホン シャカイ ノ キボウ
書名別名 日本社会の希望

Fuan ga chikara ni naru
シリーズ名 集英社新書 0698
出版元 集英社
刊行年月 2013.7
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720698-2
NCID BB12988441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22280099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想