あなたは誰?私(わたし)はここにいる

姜尚中 著

ドイツ留学中の著者は、五〇〇年前のデューラーの『自画像』から啓示を受けた。「私はここにいる。お前はどこに立っている?」。絵の中の同じ二八歳の男は、鬱々とした内面の森をさ迷う在日の青年に、宿命との対峙を突きつけたのだ。三〇年後、人気美術番組の司会を務めた著者は、古今東西の絵画や彫刻の魅力を次々に再発見していく。ベラスケス、マネ、クリムト、ゴーギャン、ブリューゲル、ミレー、若冲、沈寿官-。本書は「美術本」的な装いの「自己内対話」の記録であり、現代の祈りと再生への道筋を標した人生哲学の書でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わたしたちは今、どこにいるのか
  • おまえはどこに立っている-アルブレヒト・デューラー『自画像』 ディエゴ・ベラスケス『女官たち』『ドン・セバスチャン・デ・モーラ』 エドュアール・マネ『オランピア』 イワン・クラムスコイ『忘れえぬ人』ほか
  • 生々しきもの-ギュスターヴ・クールベ『石を砕く人』『世界の起源』 エドュアール・マネ『草上の昼食』ほか
  • エロスの誘いグスタフ・クリムト『ダナエ』 エゴン・シーレ『縁飾りのあるブランケットに横たわる二人の少女』 ポール・ゴーギャン『かぐわしき大地』ほか
  • 白への憧憬-白磁大壷 長谷川等伯『松林図屏風』 純白のチマ・チョゴリほか
  • 不可知なるもの-マーク・ロスコ『シーグラム壁画』 パウル・クレー『想い出の絨毯』ほか
  • 死と再生-ピーテル・ブリューゲル『死の勝利』『バベルの塔』『絞首台の上のカササギ』ほか
  • 生きとし生けるもの-伊藤若冲『群鶏図』『貝甲図』 熊田千佳慕『メスを求めて』『恋のセレナーデ』『天敵』ほか
  • 祈りの形-アルブレヒト・デューラー『祈りの手』 円空『尼僧』 ジャン=フランソワ・ミレー『晩鐘』ほか
  • 浄土的なるもの-与謝蕪村『夜色楼台図』 ジャン=フランソワ・ミレー『春』 犬塚勉『暗く深き渓谷の入口1』ほか
  • 受け入れる力-ルーシー・リーの白釉の陶器 ハンス・コパーのキクラデス・フォームの陶器
  • 沈寿官『薩摩焼夏香炉』ほか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あなたは誰?私(わたし)はここにいる
著作者等 姜 尚中
書名ヨミ アナタ ワ ダレ ワタシ ワ ココニ イル
書名別名 あなたは誰?私はここにいる

Anata wa dare watashi wa kokoni iru
シリーズ名 集英社新書 0609F
出版元 集英社
刊行年月 2011.9
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720609-8
NCID BB06807462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21987022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想