小説家という職業

森博嗣 著

小説家になるためにはどうすれば良いのか?小説家としてデビューするだけでなく、作品を書き続けていくためには、何が必要なのだろうか?プロの作家になるための心得とは?デビュー以来、人気作家として活躍している著者が、小説を書くということ、さらには創作をビジネスとして成立させることについて、自らの体験を踏まえつつ、わかりやすく論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 小説家になった経緯と戦略(何故、小説を書き始めたのか
  • 小説家にはなりやすい? ほか)
  • 2章 小説家になったあとの心構え(続かない理由その1-最初の作品を超えられない
  • 続かない理由その2-読者の慣れ ほか)
  • 3章 出版界の問題と将来(出版社は協同組合
  • 出版社の周辺 ほか)
  • 4章 創作というビジネスの展望(気になる楽観主義
  • 生産者は生き残る ほか)
  • 5章 小説執筆のディテール(芸術は奇跡である
  • 文体は必要ない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説家という職業
著作者等 森 博嗣
書名ヨミ ショウセツカ ト イウ ショクギョウ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2010.6
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720548-0
NCID BB0234662X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21776301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想