澁澤龍彦ドラコニア・ワールド

澁澤龍彦 著 ; 澁澤龍子 編 ; 沢渡朔 写真

フランス文学者、作家、エッセイストとして、文化のさまざまな局面に力強いくさびを打ち込み、圧倒的な支持を受けた澁澤龍彦は、没後もなお光彩を放ち、人びとを惹きつけてやまない。そして自ら「ドラコニア」と名づけた「龍彦の領土」には、澁澤龍彦の少年のような無垢な心を感じさせるオブジェが、今も息づいている。本書は、それらのオブジェを、写真家・沢渡朔があるがままにとらえた写真と、澁澤龍彦自身の文章で構成した、ドラコニア・ワールドのオブジェ編であり、サド、エロチシズムと並ぶ澁澤龍彦の主要なテーマ「オブジェ」を具体的に浮かび上がらせたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ(私のコレクション
  • 過ぎにしかた恋しきもの)
  • 1 髑髏の巻(髑髏
  • 絵のある石 ほか)
  • 2 アストロラーブの巻(アストロラーブ
  • 時計 ほか)
  • 3 人形の巻(四谷シモン
  • ベルメール ほか)
  • 4 庭へ(声
  • 日時計)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 澁澤龍彦ドラコニア・ワールド
著作者等 沢渡 朔
渋沢 竜彦
澁澤 龍子
澁澤 龍彦
書名ヨミ シブサワ タツヒコ ドラコニア ワールド
書名別名 Shibusawa tatsuhiko dorakonia warudo
シリーズ名 集英社新書ヴィジュアル版 017V
出版元 集英社
刊行年月 2010.3
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720535-0
NCID BB01581533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21733639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想