イカの哲学

中沢新一, 波多野一郎 著

特攻隊の生き残りで、戦後スタンフォード大学に留学した在野の哲学者波多野一郎が、1965年に少部数のみ出版した書『イカの哲学』。学生時代からこの作品に注目していた中沢新一が、そこに語られている二一世紀に通じる思想を分析し、新しい平和学、エコロジー学を提唱する。イカが人間とコミュニケーションがとれたら、という奇想天外な発想から、人間同士だけではなく森羅万象と人間との相互関係にまで議論の範囲を広げ、本質的な意味での世界平和を説く。『イカの哲学』全文収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イカの哲学(波多野一郎)
  • イカの哲学から平和学の土台をつくる(イカとカミカゼ
  • 生命の深みで戦争と平和を考える
  • 実存は戦争を抑止する
  • 超戦争に対峙する超平和
  • エコロジーと平和学をつなぐ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イカの哲学
著作者等 中沢 新一
波多野 一郎
書名ヨミ イカ ノ テツガク
書名別名 Ika no tetsugaku
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2008.2
ページ数 166p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720430-8
NCID BA84924367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21377117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想