欲望する脳

茂木健一郎 著

人は誰もが欲望に突き動かされて生きている。社会も、ますます人の欲望を反映したものとなりつつある。では、欲望と欲望がぶつかり合うとき何が起こるのか。人は自らの欲望と、どう付き合いながら生きればよいのか。孔子が論語で述べた、「自分の心の欲する所に従っても倫理的規範から逸脱しない(七十而従心所欲、不踰矩)」境地とは?欲望をめぐるさまざまな思考から、私たち人間の本質に迫る。人気脳科学者が具体例を挙げながらしなやかに論じる決定的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心の欲する所に従うこととは?
  • 欲望に潜む脆弱性
  • 意識ある存在にとっての倫理
  • 主語に囚われずに考える
  • 個別と普遍
  • 現代の野獣たち
  • 現代の多重文脈者たち
  • 子供であることの福音
  • 「精しさ」に至る道筋
  • 私の欲望は孤立しているのか?
  • デジタル資本主義時代の心の在処
  • 人間らしさの定義
  • 夢の中でつながっている
  • 欲望の終わりなき旅
  • 容易には自分を開かず
  • 近代からこぼれ落ちた感情
  • 不可能を志向すること
  • アクション映画とサンゴの卵
  • 欲望と社会
  • 一回性を巡る倫理問題
  • 魂の錬金術
  • 生を知らずして死を予感する
  • 学習依存症
  • 一つの生命哲学をこそ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 欲望する脳
著作者等 茂木 健一郎
書名ヨミ ヨクボウスル ノウ
書名別名 Yokubosuru no
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2007.11
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720418-6
NCID BA83811682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21326969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想