動物化する世界の中で : 全共闘以降の日本、ポストモダン以降の批評

東浩紀, 笠井潔 著

一九四八年生まれの笠井潔と、一九七一年生まれの東浩紀。親子ほどに年が離れた批評家同士の往復書簡は、九・一一米国同時多発テロ、および、アフガニスタンへの報復攻撃という異様な状況下で企画された。二〇〇二年の二月五日からその年の暮れにかけて集英社新書ホームページ上で公開された往復書簡は、連載途中、対立の激化のため何度も継続が危ぶまれた。批評の最前線で、今、何が起きているのか。そして、両氏の対立の真意とは。妥協のない意見交換を通じて、「動物の時代」という新しい現実に対応する言葉を模索した、知的実践の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 九・一一と文学の言葉
  • 私と世界と「政治的発言」
  • 八〇年代とフェイクな繋がり
  • 二つの時代と二つの隠蔽
  • イデオロギー?
  • 戦争の変質、戦争の消失
  • セキュリティの戦争
  • 八〇年代と「否定神学」の行方
  • 批評が生きられる必要はない
  • 世代間ディスコミュニケーションの構図
  • だれのために…
  • 言論的「禁治産者」の独り言
  • 「敵」の消失
  • 最後に、自分のために
  • 妄想の時代とサブカルチャー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物化する世界の中で : 全共闘以降の日本、ポストモダン以降の批評
著作者等 東 浩紀
笠井 潔
書名ヨミ ドウブツカ スル セカイ ノ ナカ デ : ゼンキョウトウ イコウ ノ ニホン ポストモダン イコウ ノ ヒヒョウ
書名別名 Dobutsuka suru sekai no naka de
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2003.4
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4087201880
NCID BA61892079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20435733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想