「わからない」という方法

橋本治 著

「わからない」ことが「恥」だった二十世紀は過ぎ去った!小説から編み物の本、古典の現代語訳から劇作・演出まで、ありとあらゆるジャンルで活躍する著者が、「なぜあなたはそんなにもいろんなことに手をだすのか?」という問いに対し、ついに答えた、「だってわからないから」。-かくして思考のダイナモは超高速で回転を始める。「自分は、どう、わからないか」「わかる、とは、どういうことなのか」…。そしてここに、「わからない」をあえて方法にする、目のくらむような知的冒険クルーズの本が成立したのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「わからない」は根性である(「わからない」という恥
  • 「わからない」を「方法」にする方法 ほか)
  • 第2章 「わからない」という方法(私はなぜ「セーターの本」を書いたのか
  • 「わかる」とはいかなることか ほか)
  • 第3章 なんにも知らないバカはこんなことをする(基本を知らない困った作家
  • 天を行く方法-「エコール・ド・パリ」をドラマにする ほか)
  • 第4章 知性する身体(この役に立たない本のあとがき
  • 知性する身体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「わからない」という方法
著作者等 橋本 治
書名ヨミ ワカラナイ ト ユウ ホウホウ
書名別名 Wakaranai to yu hoho
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2001.4
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 408720085X
NCID BA51575557
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20227541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想