尾根を渡る風

笹本稜平 [著]

取り調べ中に容疑者が自殺、青梅警察署水根駐在所へと降格された元刑事・江波敦史。奥多摩の穏やかな暮らしにも慣れ、自分を取り戻していた。そんなある日、御前山でいなくなったペット犬捜しを頼まれた彼は、山で何者かが仕掛けた罠を発見。それは隣県で発生した殺人事件の証拠だった。シリーズ第2弾!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尾根を渡る風
著作者等 笹本 稜平
書名ヨミ オネ オ ワタル カゼ
書名別名 One o wataru kaze
シリーズ名 駐在刑事 さ98-2
講談社文庫 さ98-2
出版元 講談社
刊行年月 2016.10
ページ数 359p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-293519-7
NCID BB2523432X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22801452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想